一般的に審査が通りやすいのは高利ではありますが、消費者金融カードローンが利用しやすくなっています。

融資率が比較的よいカードローンは、消費者金融カードローン⇒信販系カードローン⇒銀行カードローンとなり、審査をうける優先順位は、銀行カードローン⇒信販系カードローン⇒消費者金融カードローンとなります。

審査が厳しい相手ほど低金利、甘いほど高金利となかなか上手くいきませんが、特に長期の利用を考えている方にとっては、わずかな金利の差でも返済の総額に大きな影響を与えてしまいます。ですから、少しでも金利の低いカードローンを利用したいというのは誰もが考えるところだと思います。

金利が低いカードローンは、やはり銀行がベストです。いくつかの銀行カードローンを見てみると、貸金業法での上限20%(10万円まで)と比較してみて、かなり低い金利で押さえられていることがわかります。銀行系カードローンは実際に最も審査基準が厳しいですが、過去に事故の履歴がなく、安定した収入がある方なら申込みは可能となっています。

カードローンのご利用をお考えの方は、まずは銀行系を検討してみてはいかがでしょうか?



メディプラスゲル
お金借りたい

新しい記事の一覧

  • 金利で比較
  • カードローンを利用する際に金利がどれくらいかかるのか気になりますが、比較的低金利な金融機関は、やはり消費者金融のようです。

    消費者金融を比較するときに最も重視しなければならないのが借入利率です。借入利率は金利とほぼ同じ意味です。まず、法的に安全かどうかを確認するためにも比較が必要となってきます。
    消費者金融に限ったことではありませんが、融資を行うときには利率に上限が定められています。10万円までなら20パーセントまで、10万円から100万円までは18パーセント、100万円からは15パーセントと定められているのです。ですから、契約をするときの利率が、例えば25パーセントとなっていれば、その時点で違法な貸付となりますから、契約するべきではありません。
    消費者金融には様々なサービスがありますが、他のサービスが同じであれば、借入利率は低いに越したことはありません。消費者金融からお金を借りれば利息の支払いが必要となりますが、利息は借入利率に基づいて計算されます。借入利率が低ければ支払う利息の金額も小さくなるのです。

    借入利率はそれぞれの消費者金融が独自に定めていますから、消費者金融ごとに異なっています。比較してみると、それほど大きな違いはないのですが、長く利用するのであれば少しの違いが大きな利息の違いになることも考えられますから、できるだけ借入利率の低いサービスを利用するようにしましょう。

    ミュゼ岡山
    ミュゼ徳島
    ミュゼ高知

  • 実際のカードローン利用体験談
  • 体験談のご紹介です。
    やはり審査に問題ない方が利用する場合の多くは、銀行でのキャッシングが安心のようですね。


    【梅木(仮名)さんの上手なカードローン利用体験談】

    30代の公務員で安定している職業ですが、若いので、お金の使い道が沢山あります。お恥ずかしい話ですが、時々給料だけではお金が足りなくなり生活が苦しくなる時があります。何とかやりくりしていましたが、どうしても生活が苦しくなり50万円というまとまった金額が必要になりました。その為、カードローンを利用することにしました。公務員という職業なので、審査基準は充分満たしていたようです。カードローンはいろいろな金融機関で行っていますが、金利が低めな銀行を利用することにしました。銀行なら安心という気持ちがあったからです。審査基準の職業や年収は問題なく審査が通り、スムーズに借り入れすることができました。低金利で安定した銀行を利用して良かったです。

  • 低金利と審査
  • 低金利 カードローン
  • 一括返済は出来ますか?
  • リボルビングの回数は?